フィルム一本勝負 # 52 2013勝負初め@南小樽駅界隈

20130112-p99

2013年、ブログはこれが初エントリとなりました。
改めまして、明けましておめでとうございます!
Webサイトでもお知らせしましたが、今年も5月に個展を開催することとなりました。
今回は札幌のみならず東京でも開催を予定しています。たくさんの皆さまとお会いできることを楽しみに、今年も一枚一枚、僕が見た「いま」をかたちにして行こうと思います。

ということで、今年もカメラ一台、レンズ一本、そしてもちろんフィルム一本で街を撮り切るべく張り切る『フィルム一本勝負』の、新春恒例”勝負始め”をやってきました!
例年だいたい年の初めは小樽の中心部のどこかをテーマにするのですが、今年も南小樽駅をスタートして制限時間2時間半、歩ける範囲、かつ15:30までに公式ラボ(!)の小樽写真販売さん(今年もお世話になります!)に持ち込み…というお題となりました。しかも、カメラとレンズの”縛り”はなし!・・・これはますますメンバー個々の個性のぶつかり合いになるだろうなぁ…と思いつつ(笑)、縦横無尽に入船〜住ノ江〜山田町〜水天宮界隈の坂を登って降りてまた登り、楽しんできました。

本日はイッポンズからainosatoさんariariさんhirosさんbonoさん本部長さん・僕の6人、そしてゲストにd@maさんるふぁさんrikaさんふじいかおりちゃんをお迎えして10人での勝負となりました。
*僕は夜に札幌で別件に顔を出すことになっていたので、今回は生で皆さんの力作を見られず残念、かつ申し訳ありませんでした…。

というわけで、今回からは掲載形式を変え、全コマをご覧いただくことといたしました。
37枚、気になる一枚をこの下のサムネイルからクリックしていただくも良し、1枚目から写真右側をクリックして順番に進んで全部見ていただくもよし…ぜひごゆっくりお楽しみください!
(コマ番号と僕の自選は、拡大された写真の左下に表示されています)

今回は僕自身、数枚自選が付けたくなりました!
やはり自分は真夏の真っ青、ピーカンな空よりも、こうした冬のどんよりした空の下の方が撮れる人だな〜、と改めて思ったりもしましたが(笑)、今回は特に何枚か、写真の向こうまで坂が続く光景を撮っていました。真っ白な雪道に轍がついて、それがより強調されていたのもあって、印象に残ったのです。
雪道の轍や足跡をここ最近ずっと撮っていることもありますが、春になったら消えていく、そんな足跡がたくさん街に、坂に刻まれる季節。それもまた、実に冬らしい光景なんじゃないかなぁ、と。

今年も一本のフィルム、全コマが自選になるような…それがやっぱり究極の目標なんですけどもね…、そんな一枚をモノにできるような”勝負”ができたらと思います。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.