12/13

20121231-141123.jpg

2012年も、大晦日がやってきました。

今年は僕にとっては、なかなかにあっという間の365日だったような気がしています。
まず、5月の個展『Daily Mirror-日々は鏡写しのように-』。およそ2年振りの開催となりましたが、その分、思い入れも深い作品であり、また、ギャラリー犬養さんという、本作、そして銀塩モノクロ写真を展示するにふさわしい素敵な空間との出会いがあってこその展示でもありました。
おかげさまで会期をさらに一週間延長させていただき、本当にたくさんのお客さまをお迎えすることができました。
僕にとって、写真を撮り、作り、見せ続けていくことの意味を改めて深く噛み締めた個展となりました。

また、『小樽・鉄路・写真展』など数多くのグループ展や企画にも参加させていただくことができました。
中でも10月の地下歩行空間での『札幌デザインウィーク』で販売したiPhoneカバーやストラップ、缶バッジといったフォトグッズは、手に取っていただきやすい作品を作ってみたい…という、ここしばらくの思いをひとつ形にできたものと思っています。
また何かの機会にお手に取っていただけるよう、やってみたいと考えています。

そして、僕の36歳の誕生日である10月12日を期して、デザイン関連のお仕事に屋号をつけ、個人事務所の第一歩を踏み出しました。
とあるお仕事で社名を書く欄に、その名前『19761012』と書いたとき、そこから話題が広がったことがありました。
僕の生まれた日…いま写真を撮り、デザインし、”伝えたい”という思いのお手伝いをさせて頂くという仕事の全ての根源としての日付を名前にして、よかったと思います。
来年はさらにこうした活動を進化させ、デザインと情報の整理・共有・共感を通して、いろいろな”伝えたい思い”の背中をそっと、時に力強く押すことができれば、うれしいです。

少ない文字数ながら、今年を振り返り、こうして書いていると、心が落ち着きます。
TwitterとFacebookへは常にどんどん投稿する中、2004年から細く長く続けているこのブログは、今年はあまり書きませんでした。
でも、ブログにはリアルタイム性もありつつ、こうしてそれなりの長さで伝えたいことを書けるという利点もあります。
2013年は、これから発表することも含め、いろいろとまた一歩前に進むチャンスがたくさんある年になるはずです。
(明日・元日、午前0:00、僕の本家サイトで、ひとつ発表があります!ぜひご覧いただければ幸いです。)
せっかくのブログ、来年はもっと、伝えたいことを、ちょっと時間もかけながら書いていきたいと思っています。

今年も僕は、幕張メッセの『COUNTDOWN JAPAN 12/13』で、新たな年を迎えます。
このブログで最も読んでいただいている記事も、それ絡みです(写真や旅ネタでなく…笑)。
音楽が、今年も僕にたくさん元気や、つながりや、楽しさや、時に考えることや、そして何より、表現の歓びを感じさせてくれました。その音楽で、また新たな一年を迎えたいと思います。

今年も一年、本当にお世話になりました。ありがとうございました。
それでは皆さま、よいお年をお迎えください!
(そして幕張におられる方、朝まで楽しみましょう!)


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.