『タモリ倶楽部』の「運賃箱特集」を実況してみた

【はじめに】
このエントリは、2010年3月29日(火)深夜にようやく北海道(HTB)でオンエアされた『タモリ倶楽部』「集金ひとすじ半世紀 THE 運賃箱」を、Twitterで実況したらまちがいなく皆さまのタイムラインを塞いでしまうと思い、ひとり黙々とmixi上で実況していた、そのログであります。

僕がなぜ喰いついたのか…それはとりもなおさず、僕も運賃箱マニアだからでございます(!)。
運賃箱を見ただけでメーカーがわかるという(といっても、2つのメーカーで市場をほぼ独占している世界なのですが)特技を持つこの僕がこの特集を、それも『タモリ倶楽部』でやるとなっては見逃せません!

というわけで、まとめさせていただきました。
ご興味のあるお方だけでいいので(笑)、ご覧ください!

●タモリ倶楽部キター!@HTB …今宵は勝手に宣伝した通り「集金ひとすじ半世紀 THE 運賃箱」!このスレ内で実況します!ツッコミ、質問歓迎!w

●タモさん、Suica持って登場!…なのにPASMO派なタモさんw

●というか、やましげ前校長!そしておなじみ南田さん!

●やましげ、こともの頃の夢はバスの運転士!でも運賃箱には興味なしw

●「皆さんには、いつ何時運転士になってもいいように、運転士の格好でお集まり頂きました」もうひとりのゲストは泉麻人!

●今回は二大メーカーの一角・小田原機器 http://www.odawarakiki.com/ から担当者が現物持って登場! 2,200社あるという路線バス事業者の半数は小田原製運賃箱。…薄いブルーの機体が目印!

●最初に登場したのは都バス用の均一運賃型機種!タモさんが運転席に座って操作。違和感ない!w …そうです、都バスの運賃は均一。500円玉や1,000円札を入れると自動でおつりが出る!

●(コメント1)ちなみに中央バスはレシップですか?

●続いて大人・小児・幼児の混合パターン処理に挑戦!…これまたタモさんがその知識をフル動員&運賃箱のボタンをフル操作!

●>(お答え1) 中央バスはレシップ! http://www.lecip.co.jp/ 以前は小樽や旧札幌市バスエリアは小田原でした。SAPICA対策でレシップに統一中!

●続いてはICカードの操作!つい連続タッチしてもちゃんと二度引き防止機能ってのがあるんですな。やましげがICチャージに挑戦、なぜか居酒屋の兄ちゃん風接客。「IC2,000円入ります!はいよろこんで〜!」www

●(コメント2)タモさん、楽しそう(笑)

●続いて鉄ちゃんとしての顔が有名な(笑)ホリプロのマネージャー南田さんが運転手に。運転士あるある小ネタ茶番寸劇がマニアック過ぎるw(28分前)

●(コメント3)なるほど!お!名機がww

●待ってました!小田原機器の運賃箱の歴史をたどります。60年代後半、初期の整理券はプラスチックの番号札(色違い)だった!そして小田原が初めて発明したのが紙券でスタンプ式の整理券機。

●’71年には両替機付運賃箱(これも業界初!)、そして’85年には投入した硬貨を自動で読み取って表示する運賃箱(これも業界初!)の運賃箱も開発。小田原の歴史は路線バスの歴史!

●続いては地方でおなじみ、整理券・後払い式の最新型運賃箱。名古屋のガイドウェイバスから持ってきたものらしい。これまた液晶式運賃表搭載!すべてを運転席のタッチパネルで一括操作できる!

●そうです、地方のバスでは整理券を取って乗るのです。でもこれも地域で違いが…始発地で券が出る場合と出ない場合が。これ、乗り馴れてない人には困るよなぁ。

●そしてさっきの均一制と違って、運賃は投入前に両替!…地方から東京に行った人がこれで戸惑うとか。僕、大昔いつものクセで500円玉入れて出てきたもの(おつり!)からさらに運賃入れて2人分払いましたw

●空耳アワーなので小休止&質問にお答えw

●>(お答え2) タモさん楽しそう、というかうらやましいっす!w

●>(お答え3) 名機の数々に全俺が泣いた!w でもほんとはもっといろんなの見たかった!ここで復習→ http://www.odawarakiki.com/company/history.html

●はい、一旦CM行きまーす。

●(コメント4)30分早いですねwwしかし自動つり銭式の運賃箱はかなり昔からあったんですね。方向幕の特集も望みます!

●あ、CM明けた。…なんとこの最新型運賃箱、一台130万円!そりゃSAPICA導入を巡って時間掛かるわけだ!……と言ってる間におしまい

●…ふぅ、実況疲れたw だいたい僕知ってる内容だったけど(笑)さすがタモリ倶楽部の手に掛かるとエンタテインメントになる!ぜひ小田原機器かレシップを企業見学してみたい!

●>(お答え4) うん、あっという間w しかし40年近くも前にすでに現在の運賃箱の原型は出来ていたんですな。最近まであれに近いのは地方にあったよなぁ… お札が両替できないやつね。

●最後に札幌都市圏のバス運賃箱情報(誰も聞いてないってw) ●中央バス…レシップ(小樽・旧札幌市バスは小田原/SAPICA対応で順次 http://bit.ly/eAT9UL ベースの機種に統一中(注…このページトップの写真のものです) ) ●JRバス…小田原(主に http://bit.ly/fQfIld 。画面は液晶式ではない)

●じょうてつ…小田原(ここは以前から小田原で統一。やはりSAPICA対応で http://bit.ly/fQfIld に移行中。磁気カードリーダーは古いのから持ってきていて見た目がゴツい)

●再来年のSAPICA/Kitaca導入を控えて、これから札幌圏の運賃箱事情も大きく変化の予感。バスに乗る際にはぜひ、ちょっとだけでいいのでご注目を!

・・・・・・・

というわけで、僕の見た感想を最後に。
実況の締めにも書いたように、だいたい知ってる知識でした(爆)!
でも、やはりこういうネタを取り上げておもしろくわかりやすくエンタテインメントに仕立て上げてしまうのはさすが『タモリ倶楽部』です。鉄ネタを継続的に続けてくれているだけに、僕も納得の出来だったと思います!

というわけで、小田原機器様、レシップ様、ぜひ見学させていただけませんか?
このマニアックな話題でしゃべらせてくれる場所・ラジオ・テレビ局の皆さまも、ご連絡お待ちしております!
…と、一応書いておいて(笑)、締めたいと思います。

ご乗車ありがとうございました〜!


You may also like...

2 Responses

  1. くぼた より:

    で、画像のバスはERGA?

  2. Yuuki URYU より:

    >くぼちゃん
     
    うん、その通り。
    しかし、運賃箱載せ替えたことがよくわかる一枚でもありますな。
    ほんと薄くなってる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.