4年半ぶりのNew Mac!

買いました、新しいMacBook Pro!!
去年以来”買う買う”とずっとブログやTwitterで言い続けていた気がするのですが、ついに買い替えました。


先代の白い初代MacBookは2007年の夏にそれまでの初代iBookを替えるべく中古で買ったもので(個展『旅をするフィルム』の直前だったのでよく憶えている)、4年半我が家で、仕事場で、お外で、旅先で使ってきました。
この間メモリ増設1回、ハードディスクを2回増量+2回吹っ飛ばし(orz…)、初期型のバッテリー膨張&パームレストひび割れリコール対象機種として部品も交換してもらい、ここまで相棒としてがんばってきました。
しかし俄然重くなってきた、OSがTigerというのもあって最新のソフトが使えない(とはいえ、PhotoshopやIllustratorはおいそれとポンポン替えられないのでレガシーなものが動くことが大事…)というのもあって、買い替えを去年からずっと検討していたのです。
今年になって新機種が出るという噂が出始めて、毎日のように国内外のファンサイトや噂サイトに聞き耳を立て続け、2月にはやれSandyBridge(新プロセッサ)が積まれるとかHDDとSSD(フラッシュメモリのようなもの、MacBookAirに使われている)の二刀流だとか漆黒のリキッドメタルボディだとか…とにかくテンションも日々上がる中24日深夜に発表されたのが、これでした。
見た目は従来通りながら、予想通り新しいプロセッサを積み(最安値の13インチ・2.3GHz)にすらIntel Core i5を搭載というハイスペック!
だましだまし使うよりはここで心機一転!と決意したわけです。

▲久々の(2台ぶりの)新品で買ったMac。
やはり、開封の儀式はテンション上がります!

▲まるでお菓子の箱を開けたかのような、シンプルにしてどこかラグジュアリーな(!?)中身!
先代の、卵パック超豪華版(笑)のような梱包もよかったけど、これはiPhoneに似た感じ。最小限の梱包材になったので箱のサイズも5/6くらいに小型化しました。お店で最初「これAirじゃないですか?」って思わず訊いてしまった(^ ^;

『このMacは、あなたのために生まれました。』
……あの〜、涙出ちゃうんですけど……(T_T)
こういうところがAppleらしい。こういうところが好き。

▲現・新、二台のMacそろい踏み!
後ほどデータを新しいMacに移行します。

さぁ、起動です!
何度体験しても、この一瞬はたまらない!Welcome to Mac World!!

▲いよいよ現・白いMacBookからデータを移行します。
現・新2台をつなぐFireWireケーブルの準備も万端。これがMacの買い替え障壁を一気に下げてくれます。
つないだところで白Mac側のCommandキー+Tキーを押しつつ起動。
移行するデータを聞かれるので(基本は全部にチェックが入っている)、そのまま開始!

▲手前の白Macの画面にFireWireマークが出ています。
ターゲットモードと言って、いわば外付けディスク状態。書類にアプリケーション、設定、すべてのデータを移行します。

▲200GB超なので、予定時間は約4時間!焦らず待ちます。
移行中待ち時間がいきなり伸びたり縮んだりしてちょっとだけ不安になりつつも(笑)、ひたすら待つのみ。

▲さぁいよいよ佳境に差し掛かりました!
時間はかかったけど、トラブルもなくここまで到達。

スタートから4時間強、データ移行無事完了!
白Macの電源を切り、FireWireケーブルを外します。
このあとユーザ登録なのですが、名前などなどの一切は白Macから見事に引き継がれているので書き直す必要なし!そのまま送信。

これで新しいMacを使う準備は一通りおしまい!
“Go”を押せば使えるようになります!

というわけで早速アプリの起動確認。
何といってもTigerから2世代飛び越してのOSアップデートともなったので、所有のものが使えるかがちょっとした心配事でしたが、調べた限りRosetta(いわばエミュレータのようなもの)を噛ませて使えるようだし、実際すぐにインストールを尋ねられたのですぐに入れました(最初に必要な時に自動でオンラインでインストール。もしこのダイアログが出なかったら、付属のOSディスクからインストールできます)。
結果、PhotoshopやIllustrator(いずれもCS1)、Dreamweaver(MX2004)など、一通り問題なく起動することができました。認証も打ち込み直す必要なし。
なによりこの「移行アシスタント」のすごいところは、書類にアプリはもとよりデスクトップの環境や設定に至るまでほぼ忠実に再現してしまうところ!(多少順序が変わっているので”整頓”か”並び順序”で整理すれば一発!) 壁紙までそのまま出てくるし、さっきまで見ていたWebサイトの履歴やCookieに保存しているIDまで!
つまり、ほぼ何の違和感もなく新しいMacをすぐに使い始められるのです。

これなんです、Macのいいところにしてすごいところは!
よく言われる、直感で操作できる良さ(マニュアルらしいものは最初に出てきた「このMacは…」のCDサイズの100ページもない冊子だけ!)に加えて、使い続けるごとにその良さを何度も体感できるところにこそ、Macの良さを再確認してしまいました。

今回はADSLだったものを光回線に同時に替えてもらったため3万円引という好条件だったけど、それでも決心のいる買い物。通算6台目となった新しいこのMacで、ますますいい仕事と、ますますいいネットワークづくりに邁進したいと思います!


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.