ブックカフェ『開化』最後の訪問

20100129-p01

20100129-p02

札幌・平岸、環状通と平岸街道との交差点そばにあるブックカフェ『開化』。
我が家から近いようで微妙にダイレクトにはたどり着きにくいところだったものでなかなか顔を出せなかったけど、文学・建築・アートを中心にした本や図録、「ポパイ」「オリーブ」(たぶん全号ある!)「ブルータス」のバックナンバーを読みながら珈琲を飲めるという素敵な空間。

ここが惜しくも今月をもってクローズされると聞いて、行って来ました。
あまり来れていなかったことを詫びつつ、今日は特にその「ブルータス」のバックナンバーをたくさん読んできました。
30年近く前に今の雑誌づくりの一つのセオリーである一号丸ごと大特集主義や大胆なサンドイッチ型のレイアウトを取り入れていたり、何より石川次郎さんをはじめとする編集者たちが”やりたいことをやる”スタイルで作った雑誌。ネットもない時代、僕らは雑誌を貪るように読んだけど、きっと作る側も今以上に貪るようにネタを追い求め作っていたその熱気が感じられるのです。
今も昔も雑誌は鮮度が命、”いま”をスクラップするその意味合いは変わらないけど、ニュースの中味は当時のものであっても、今の雑誌を果たして30年後に開いた時に新鮮さを感じられるだろうか……、そんなことをちょっと考えたりもしました。

明日30日(土)は通常営業の最終日で、18:00まで、その後はライヴがあるそうです。
31日はガレージセールとして店内の家具や本を販売とのこと(すでに「従業員以外全部売ります」の張り紙とともに、本は原則として定価の半額で売っていました!)。

願わくば、どこかで再び開いてもらいたいなぁ。

■kissa kaika(『開化』)
豊平区平岸3条9丁目10-1 第一恵信ビル2階


大きな地図で見る


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.