我がネットの10年を振り返ってみた

831468d3.jpg
僕の本家サイトをリニューアルしてから、本当にたくさんのアクセスをいただいています。どうもありがとうございます!
最新の活動情報の他に、少しずつ以前の展示光景などをアップし続けていますので、ぜひご覧ください。

今回のリニューアルが4年ぶりで、Webを立ち上げてから10年になると前にも書いたのですが、実はこんな方法で過去を振り返ってみました。
『Wayback Machine』というサーチエンジンとキャッシュが一緒になったようなサイトがあります。
トップにある「Take Me Back」のフォームに自分のURLを打ち込んでみると、随時キャッシュされた自分のかつてのサイトのページが時系列で登場。
たとえば先日までのURLであるwww.daysclip.comを入れてみると、ドメインを”net”から変更した2004年の9月から去年の春先までの30個くらいのアーカイブが。
>> http://web.archive.org/web/*/http://www.daysclip.com/

もちろん、10年前から4年前までのwww.daysclip.netを打ち込めばそれも出てきたし、かつてやっていた”空の写真日記”『today’s sora』も(!)。
写真は実はほとんど出てこないのだけど、テキストはデザインとともにほぼそのまま出てきました。

いゃぁ、懐かしい。”Take Back”しながら、僕はこんな文章書いたり、こんなデザインのサイト作っていたのかと、懐かしくなったり恥ずかしくなったり。

任意のURLでも見られます。いろいろなURLを入れてみると、僕が初めてWebを立ち上げた頃のサイトってどこもかなりシンプルだったなぁ……って思います。僕のサイト自体、表示スペースの横幅がほぼ2倍になりました(640ピクセル→1100ピクセル)。それでも僕のサイトはFLASHも動画もないし、シンプルな方だとは思うのだけど。
(念のため、削除してほしい場合は現行の自らのサイトにタグを入れるか、この方法でメールで申請できるとのことです。)

それにしても、23時を待って『テレ・ホーダイ』で56kのアナログモデムでネットにつないだ時代が懐かしすぎます。このネタわかる人、どれくらいいるかな!?


You may also like...

4 Responses

  1. Hajime-M より:

    「the Wayback Machine」とやら、何やら、とんでもスゴイ検索サイトですね。英語に目がくらみ、自動翻訳で困惑し、それでもマイサイトを入力してみたら、懐かしいページが見られました。貴重なご案内ありがとうございます。

  2. sorami より:

    >Hajimeさん
    見てみましたか!?
    こうして見ると世界のどこかで見てもらって(or、見られて?)いるんだなぁって感じますよね。
    『テレ・ホーダイ』と56kのモデムで接続していた頃が非常に懐かしくなりました。ネットがここまで発展するとは想像もしなかったですよ、ほんとに。

  3. ariari より:

    これ、すっごい。いや、マジで驚きです。
    恥ずかしくなるほどの威力w
    昔作って、今はないコンテンツが残っていました。
    いやー、なんと言いますか。
    特にワロタのが
    http://web.archive.org/web/20000930083616/homepage1.nifty.com/ariari/nazo/nazo.html

  4. sorami より:

    >ariariさん
    でしょ? ネット上にはなんでもあるもんですなぁ。
    コレ、僕もなんだか自分の見ていてこっ恥ずかしかったっす(爆)。
    本家『ariari BOX』もずっと見させてもらってましたが、このアーカイブには僕も笑ってしまいました。このお店、まだあるんでしょうか!? ……魅惑の北東北だからありそうな気もしますけど。
    某フイルム会社の(たぶん)最初のWebサイトも見てみました。
    こういう入口も懐かしいですねぇ。
    http://web.archive.org/web/19961105010612/http://www.fujifilm.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.