【個展’08春】琴似の夜に、ありがとう −御礼・個展第一弾閉幕−

20080412-p01

僕・ウリュウ ユウキの個展『春を迎えに行く』・chapter 1「夜を越えて」。
4月12日の深夜をもちまして、無事閉幕を迎えることができました。
会期中、足をお運びくださいました皆さま、会場でお会いできなかったものの応援してくださった皆さま、そしてすばらしい空間と飲み物と琴似の夜を提供してくださったRadio&Recordsのマスター・しんさん。
すべての皆さまに、心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

この2週間、すっかり夜型生活になりました(笑)。
琴似の街角に浮かぶようにある”ラジレコ”。この空間で過ごす時間の愛しさをたくさんの人々と共にし、そして2008年の春を迎えに行くことができ、作者の僕自身、すばらしい2週間を過ごすことができました。

前回の『旅をするフィルム』が総数87点の大作品展だったのを振り返ると、今回は久々の小品展でしたが、ここに持ってきた23点の作品、そこまで絞り込んでいく作業は長く、濃い時間でした。まるで長い冬を、実際に感じる時間軸とフィルムの中の時間軸……2つの時間を生きているような気もしました。
その2つの時間軸が、ようやくやって来ようとしている春を前に、ひとつに重なっていく。そんな少しだけ不思議な感覚を僕は味わっています。少しでもその想いがあなたに伝わったならばうれしいです。

この”春を迎えに行く”日々は、まだ続きます。
来週の日曜日、20日。夜から昼へ、モエレ沼公園に舞台を移し、作品ももうちょっと増やして、自然光の下、4時間だけの展示を行うchapter 2「そして春は」を開催いたします。
2008年の春は、もうすぐそこ。再び皆さまと、あなたと共に春を迎えに行ければ幸いです。

4月20日・午後1時。モエレ沼公園・ガラスのピラミッド アトリウム2で、再びお会いしましょう。
引き続き、個展の情報はこちらの特設サイトをご覧ください。

>> http://www.yuukiuryu.com/spring/


You may also like...

2 Responses

  1. エゾ三毛猫 より:

    お疲れ様でした。
    実は地下鉄の中で一緒でした。
    話しかけようとしたら、偶然
    お知り合いが乗ってきたようで。
    急ぎ足の観覧となりましたが、
    店の雰囲気といいよかったです。

  2. sorami より:

    >エゾ三毛猫さん
    スミマセン、全然気づきませんでした……。
    28丁目から偶然友人が乗ってきまして。それにしても偶然ですねぇ。
    今回も足をお運びくださり、ありがとうございました。
    冬の写真を春先の夜に見る、そのどこか不思議な時間軸の中に身を委ねることが僕自身とても楽しく、ラジレコさんの雰囲気と相まって皆さまに良い時間をお過ごしいただけたなら、うれしいです。
    次回もご案内を差し上げます。その折には、またお目にかかりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.