元・本屋のニィちゃんのおせっかい。

最終日に行けなかったのが惜しいのだけど、札幌からまた、老舗書店が消えてしまった。
駅前通、グランドホテル前のなにわ書房さんが、きのうで閉店した。
決して大きくはないが、1Fのビジネス街の本屋さんらしい質実剛健さと、2Fのジャンプからボーイズラブに成人モノまで(笑)の品揃えで鳴らしたコミック売場で、同業者にもまちがいなく一目置かれていたお店だと思う。

やはり、本屋はデカくなくてはいけないものなのだろうか。
なにわさんも、札幌駅の3つの大型書店(のうちのひとつに僕はかつて勤めていたのだが……)に、やはり”負けて”しまったのか、それとも今度大通りに進出するジュンク堂さんや、みずほ銀行の跡地に帰ってくる丸善さんに早くも”不戦敗”してしまったのか。
僕は、そのいずれとも思いたくない。なにわさんは、きっとやりたいことはやり尽くすことができたと思うから。
ビジネス客も観光客も立ち寄る環境で、本当にバランスのいい棚づくりをしていたように僕は思うし、落ち着いた空間、ひと目で全部見渡せるちょうどいい大きさにこだわってきたことは、お店を見たら一発で分かる、そんな空間だったように思う。
大通の地下にあるリーブルなにわは引き続き経営されていくそうだ。地下鉄の横だし、狭めの通路でいつも混んでいるけど、落ち着いたいい空間は同じ。これからも、その適度な堅さは大切にしていって欲しいと思う。

本屋さんは、決してスーパーではない(だから、単にたくさん本があって、特売みたいに平積みをやる店は、あまり好きじゃない)。でも、デパートのようなかしこまった空間になっちゃっても良くないと僕は考える。
気軽に寄れて、でもそこには多様な”知”があり、押し寄せる情報(一日に200点の新刊書籍と100種の雑誌が日本では発売されている)の中からそのお店が今何を伝えたいのかが見えてくる……それが、居心地のいい本屋さんの、僕的条件。
「中学生はこれを読め!」で知られる琴似のくすみ書房さんは、いじめ問題を受けて「命を守るためのブックフェア」を企画したそうだ。伝えたい思いがある……それこそが、著者の思いを読者に手渡すアンカーとしての本屋の仕事ではないだろうか。

おんなじ値段だからこそ、本を好きな本屋で買う。自分にとって一番居心地のいい本屋で。
あなたは好きな本屋さん、ありますか。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.