大通の丸善、さらば。

6699f137.jpg札幌の大通に店を構えていた丸善が、今夜を最後に閉店した。
来月末に、あの有名なサッポロビール園のとなりにできるショッピングモールに移転する。ワンフロアでひろびろしているというこの街の書店業界の流れに乗るための移転と言って間違いないだろう。5フロアに分かれた店舗構造が、そんな昨今の流れに乗れないという理由だそうである。
僕の古巣・三省堂をはじめ、札幌駅周辺には紀伊國屋、旭屋と3つの大型書店がしのぎを削り、なんでも総蔵書数は300万冊に及ぶという。紀伊國屋も旭屋も、元々は大通近辺にそれぞれ店があった。丸善が消えて、札幌の大型書店は完全に「駅前一極集中」の姿になった。あのあたりに残るのは、リーブルなにわ、ピヴォブックセンター、そして紀伊國屋(小型店舗)のみ。180万都市のど真ん中に書店がこれしかなくなるというのは、いささかショックだ。

和洋の芸術書の品揃えでは札幌一の存在だったから、僕もよく行っていた。そしてなによりも、丸善は「本屋らしい本屋」だった。自分の店の顔がはっきり見える本屋だった。そういう店も、昨今の札幌では貴重になったような気がしてならない。


最近の大型書店のどこにも言えるのだが、とにかく”量で勝負!”というのがどうも頭に出てしまっている感が否めない。
店が広い。ベストセラーが品切れることなく何面もの平台を使ってドサリと並べられている。なかなか手に入りにくい専門書もびっしり……。
同じ書店員をやっていた者として、お客さまの求める品揃えをするということは店づくりの必須条件。でも。

どこも同じになっちゃうのです。
平台の作り方も、棚指しのセレクションも。
それこそ、どこで買っても同じ価格なだけに、どこで買っても同じになってしまう。本屋の印象が薄くなっちゃう。
それって、読者にとってとても不幸なことではないだろうか。

そこで、店の個性、もっと突っ込んで言えば、書店員の個性が必要になる。
僕は書店の仕事をしていて、もっと自分たちの顔が出てもいいんじゃないのかな、ということをずっと思っていたし、その考えをかなりの部分で押し通させてもらった(笑)。それがPOPづくりやフェアの選書に現れて、店の顔になる。
最近は書店もデータ主義やチェーンオペレーションがいささか進み過ぎ、本部の意向が相当な力を持つようになっている会社も少なくない。そんな中、丸善はかなり各担当者の個性が出ていたように思う。それこそ、デパートの一角にあっただけに料理・実用書のラインナップは幅広く、探しやすさが考慮されていたし、丸善の顔でもある洋書はよくワゴンフェアを開いていたし。
どのジャンルも棚が荒れていないし、いつでもピシッとしていた。1Fの真正面の新刊台や文芸書も、ドンと積み置きするのではなく、こまめに補充していたのだろう、陳列に品があった。

そう、気品があったのです。それでいてワクワクする本屋。それがこの店だった。

移転後はショッピングセンターの中ということを考慮し、ファミリー層に向けた品揃えを重視するという噂だ。新店舗でどうなっていくのだろう、「専門書の」、「芸術書の」丸善は。
もうすでに、この街の書店は飽和状態と言って過言ではない。だからこそ、駅前にも、大通にも、どっしりとした書店はあるべきだったんじゃないかと思えてならない。

午後7時半。30人ほどの客に見守られながら、シャッターが下ろされた。僕も一冊の文庫を買い求め、そこにいた。
札幌のど真ん中から、「そこにあってほしい書店」が、また消えた瞬間だった。


You may also like...

9 Responses

  1. えっか より:

    昨日はお久しぶりでしたね★
    結局なんと私も6時間も居座ってしまって、邪魔だっただろーなーと思いながらも・・・帰れなかったんですよ〜。笑
    藤写のカラーはやっぱり明るく、モノクロのプリントがうまく、やっぱり女のこらしさが出てるものもありましたね。
    てか丸善なくなっちゃったんですね・・・寂しいです。地味に行ってたんで。
    あの場所は落ち着いてゆっくり本をえらべる雰囲気が好きだったのにな。
    私にも「そこにあってほしい書店」でした。

  2. えっか より:

    あ、7時間だった。。。

  3. sorami より:

    久々に会えて楽しかったよ。
    やはりB/Wが俄然美しくなってきているよね。
    先輩の代から見させてもらってるけれど、もともとから焼きの丁寧さという土台があって、そこに自分のやりたい写真を技術的にも、見せ方の上でもプラスできる、コントロールできる技量がついてきたように思えて、頼もしい限り。
    それにしても長居したね〜(笑)
    そうそう、丸善の閉店。テレビも何局も来ていて、最後のお客さんにインタビューとかしていたよ。ここまでたくさんの人に惜しまれて送られていく店って、幸せだと思う。それだけに、南一条からひとつ櫛の歯が抜けたようになってしまうのが惜しいね。跡地は何になるか、まだ決まってないみたいだし。
    古い考えかもしれないけれど、本屋はやはりモノとしての本ばかりじゃなく、その中身、文化を売る空間であって欲しいと思うね。

  4. mayu より:

    あたしは、パルコブックセンターが無くなった時点で 結構萎えました。
    丸善はあまり逝ったことがなかったけど、地味に通ってた人が知人にもいたので、残念だなぁ。
    大型店舗は ちょっと苦手なんです。
    確かに、欲しいものなーんでもあるんだけど、何処に何があるかわかんなくて、どっから手をつけていいかわかんなくて・・・。
    暇つぶしにはいいけど、本を買いに逝く場所としては ちょっと苦手でした。
    札幌も変わっていきますね。

  5. δ(デルタ) より:

    こんにちは。
    学祭に来てくださって、ありがとうございました。
    自分、うろちょろとせわしなく動いていて、すみません。
    丸善、閉店したんですか。
    知らなかったです……。
    そういうことを教えてくれる友達がいないんだな、自分。
    と、痛感。イタタタタ……。
    丸善といえば、なんだか舶来品を買ったような覚えが。
    ブレスレットだったかしら。入り口前で。
    いろいろあって、特殊な書店でしたねぇー。
    移転先ではどうなることやら。
    業界も大変でしょうね、札幌では。

  6. y@5u5hi より:

    書店の個性ですか。
    うーん、
    始めは大型店舗が出来ると単純に喜んでいましたが、
    もう飽和状態なんじゃないかと要らない心配をしてしまいます。
    以前テレビで、
    アマゾンの商品センターみたいなところを見ました。
    まさに大型書店のようですよね。
    体育館みたいなところに本棚がびっしり並んでいるイメージです。
    これからは、書店に個性が失われていくのでしょうか。
    また一歩大通から足が遠のいてしまいそうです。
    丸善かぁ…。
    檸檬でも置いてくればよかったな。

  7. sorami より:

    >mayuさん
    僕がこっちに来る前だったけど、札幌のパルコブックセンターは業界内でもそこそこ名が通っていて、こっちに遊びに来た時には行ってました。芸術書も洋書も東京に負けず劣らず大きかったですよ。でもいつの間にか……。
    やはり、大型書店って「目的買い」で行く場所だと思うんです。もうこれが欲しくて、ここなら絶対あるから行く、みたいな。その分、迷う楽しさは薄いかと。だからこそ、丸善はちょうどいい大きさだったといえるのかもしれません。

  8. sorami より:

    >δちゃん
    さっきはメッセンジャーにてどうも。ダブり投稿、修正させてもらいました。
    学祭、お疲れさま。ベタも見ることができたしね。
    あぁ、教えてあげればよかったなぁ。きっと洋書売場にはよく行ってたのかな。
    「舶来品」というコトバも、あの店にはよく似合っていたような気がするよね。本屋って、どこにも独特の風が流れていて、いちばん落ち着いた雰囲気、本選びに没頭できる雰囲気があったのは、この丸善だったように思うよ。一度、地下の文庫売場横にある喫茶店に入ってみたかった……。

  9. sorami より:

    >y@5u5hiくん
    そうなんです。札幌は本州の書店チェーンの代理戦争みたいな状態を呈していて、他にも某社が進出を窺っているなんて噂もまことしやかにささやかれているしね。
    でも、もうすでにオーバーストア状態であることは誰の眼にも明らかなような気がする。
    アマゾンの商品センターというと、そこでのバイトをルポライターが体験したノンフィクションを読んだら、まさにチャップリンの「モダン・タイムス」のような状態らしい。
    箱の大きさを競うのは、競争原理の中では当然のことだろうけど、”なんでもある”はずなのに実は”なんにもない”という、ちょっと前の百貨店業界みたいなことにつながりはしないかなぁと僕は危機感に似た思いを持っているなぁ。
    丸善は京都の河原町の店も閉めることになって、そこには檸檬があふれるほど店頭に置かれたしね。札幌にその姿はなかったけど、素敵なあの界隈の雪景色の絵はがきをいただいたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.