1937年の『ピータァ・パン』

20051009-p04.jpg 20051009-p05.jpg

今回の北星写真部の部展は、学園祭の展示のひとつ。その出店の中にあった、北星の先生方の蔵書蔵出し古本市で、こんな本を見つけた。

『ピータァ・パン』(岩波文庫)。もちろんあのJ・M・バリの『ピーター・パン』なのだけど、タイトルが右から左書き。本文が旧仮名遣い。奥付を見ると…「昭和十二年十一月二十日 第六刷發行」。
つまりこれ、68年前の『ピーター・パン』なのです。それにしてはあまりにもきれいな表紙。岩波文庫の外国文学の目印・赤帯もほぼ完全なかたちで巻き付いていれば、本文もほとんど赤茶けていない、書き込みや折り曲げもない、すばらしく美しい本。しかもただでいただいてきた(寄付金制だったので気持ちをちゃんと入れてきたけど)。

そういえばこの物語も舞台はロンドン、ケンジントン・ガーデンズ。こないだの旅で行ったハイド・パークのお隣で、ちゃんとピーター・パンの銅像もあるのだ。文庫の文頭には絵地図もついている。もちろん右書き、旧漢字、旧仮名遣い。でも、読み始めてみると意外に難しさがない。まぁもともと童話だというのもあるが。さすがに言い回しに”乗合自動車”なんてのが出てくるのが時代である。

子供以来の、しかも旧仮名遣いで読む、1937年の『ピータァ・パン』。表紙が見たくて、帰りにさっそくビニールのカバーを買ってきてしまった。手元にあるだけで、読んでるだけで、シアワセなのである。

20051009-p07.jpg 20051009-p06.jpg


You may also like...

4 Responses

  1. たくま より:

    これには驚かされましたね。
    70年も前のものとは思えません。

  2. y@5u5hi より:

    遅くなりましたが、
    就職おめでとうございます!
    チラッと聞いたのですが、
    僕もたまに行くラボみたいなので、
    今度お邪魔しますね!
    さて我が家には、
    昭和17年発行の「思想戦と国際秘密結社」
    という危なっかしい本があります。
    去年、部室棟を大掃除しているときに裏口で拾いました。
    なぜ?
    時局柄出てましたよ…。
    ところで、
    mixiのプロフィール写真を見ましたが、
    何処の駅ですか?
    北18,24,34条のいずれみたいですが…。
    あの辺も地下鉄開通前の町並みがわずかに残ってたりして面白いですね。

  3. sorami より:

    >たくまくん
    ネットで調べてみたら、程度にもよるけど800〜1000円は下らないものらしいよ。まさに掘り出し物!
    いま読んでるけど、訳文にも時代が感じられておもしろいし、そして何より、大人になってから読むピーター・パンって、ユーモアや社会風刺まで盛り込まれてるんだって感じられて、童話にしとくにはもったいないくらい。
    我が本棚の宝です。大事にするよ!

  4. sorami より:

    >y@5u5hiくん
    ありがとう!
    またひとりお客さま増えたね(笑) 配属になったらぜひ来てくださいな!
    その本、誰の持ち物だったんだろうねぇ。やはり大学は書物の山なんだね。時節柄読んでみたい!(笑)
    プロフィールは北18条にて撮ったもの。これからここに書くけど、某ひとりプロジェクトの途中にて。確かに5角形屋根の家が残ってたり、北大前あたりの古本屋・食堂街なんて味があるよね。あのあたりにはホーロー看板もちらほらあったりするよ。「講和記念」と書いてある”北○条東○丁目”って標識なんかも。ゆっくり撮り歩いてみたいもんだね。
    *mixiやってます。お心当たりの方、名前で探して見てみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.