『鉄路展』反省会・2005

284b7ea3.jpg小樽の『鉄路展』の、毎年の公式な最後の顔合わせとなる反省会に行ってきた。
不肖・私のカメラで、カメラマンの宮下さんが撮って、ラボにお務めの桜井さん(いずれも出展者)が美しく焼いてくださった集合写真をいただいて、いつものように車座になって、今日はひとりずつ今年の感想や反省点、提案などを自由に話すかたちで進行していった。

まず、今年の『鉄路展』は会場スペースに大きな変化があって、若干狭くはなったものの、そのおかげだろうか、物理的にちょうどいい間隔で作品が並んで、しかもその作品も大仕掛けなディスプレイや小さくとも個性的な見せ方が光るものが多く、進歩があったのではないかというのは多くの出展者から聞かれた。他にも、台風の時に修復をしてくれた方(いちばん大掛かりに直してくださった方がどなたなのかが実は謎なのです……)の話や、出展者同士でもっと情報の共有をした方がいいのでは?といった提案も出た。

『鉄路展』は、ただ単に作品を搬入して搬出するだけの写真展ではない。全員がいわば主催者で、会場の草刈りからはじめ、撤収までこの手で行い、他にもご近所への挨拶回り、会計、渉外などをできる人ができる範囲で、しかも積極的に行っている。全部を自分たちの手作りでやっていることには本当に誇りを持っているし、だからこそ毎年のこの2週間のために、僕たちはどこかでいつも『鉄路展』に触れているのだと思う。
来年の代表と役割分担も早くも決まったし、春には去年に続いて有志で札幌での写真展もある(今回は僕も参加予定です)。毎年のことながら、来年はどんな展示にしようかと今から考えている。

『鉄路展』が終わると、夏も共に終わって行く。僕の中で、夏の終わりはこの写真展に密接にリンクしている。この夏も、きっと来年の夏も。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.