『アラキメンタリ』

20050510-p02.jpgシアターキノへ、kenkさんと久々に行った。『誰も知らない』を僕たち+マナブさんもうふさんで見に行って以来。んー、最近キノへ行く頻度が少ないな。興味のアンテナが反応する作品がなかなかないんだよなぁ。
でも、これは見たいと思っていた。『アラキメンタリ』。読んで字のごとく、アラーキー・荒木経維を追ったドキュメンタリーである。

(つづきは多少のネタバレがあります……)


僕は荒木のイメージとしてまず、「さっちん」を挙げる。千葉大学時代に初めて撮ってまとめた、東京五輪直前、東京近郊の団地の子供たちを丹念に撮った作品だ。ヌードも、人妻も、陽子夫人も、花も、街も、すべてはこの時に撮っていくことを構想していたかのように、いまと全く変わらない、撮る彼こそが一番無邪気で少年のような、そんな姿の透けて見える写真だと僕は勝手に思っている。だから、僕のいちばん好きな荒木の写真は、「さっちん」(でも「旅少女」も好きだけど……)。

映画は彼が「週刊大衆」の人妻ヌードを撮る現場からはじまり、彼に関わる人々……北野武、ビョーク、飯沢耕太郎、森山大道、etc…………のインタヴューを挟みながら続く。荒木の動きまわり、しゃべりまくり、撮る姿は、まるで格闘技の選手のようであり、おもちゃを与えられた子供のようでもあり、そして、よく見ていると、紳士のようでもある。
妻・陽子との「センチメンタルな旅」と、別れ。母と妻の死化粧をなぜ撮ったのか。行き着くのは、東京・三ノ輪で生まれ、5歳の春に経験した大空襲。すべては彼の人生のために用意された物語のようでいて、ただ、決して彼はそこにもとからある道の上を歩いてきた人ではないなと思った。飄々とした、Hなオッサンの皮をかぶった、ヒューマニティーにあふれた下町っ子、溢れ出る想像力と創造力に正直な求道者、そして、「愛」よりも「恋」を選ぶ男。
生きる証を残す手段は数あれど、彼が写真を取ったのは、やはり必然だったのであろう。

「愛」より「恋」……、荒木はこう言っていた。『「愛」は父や母からもらうもの、だが『恋』は自分からするもんなんだよ』、と。

だから、写真と恋愛は似ているのかもしれない。


You may also like...

5 Responses

  1. aonori より:

    ネット上で初めまして☆
    先日実くろでLondonの写真を見せていただいた
    あおやぎみのりです。
    誰も知らない・アラキメンタリ
    の文字に惹かれて手が勝手にcommentボタンを押してしまいました(笑)。
    先日蠍座にて3回目になる「誰も知らない」を見てきました。
    彼らの自然さ、あの空気感、何度見ても最高です。
    「アラキメンタリ」も今見たい映画の一つです。
    なので、敢えてネタバレを読みませんでした(笑)。
    見てきたら読みますね♪
    それではまた。

  2. ここでははじめまして、みのりちゃん。
    幻想的で、だけど確実にそこに在る世界……、そんな素敵な写真、見させてもらいました。ありがとう。
    「誰も〜」はせつなさを確かに感じるけれど、一縷の望みが最後まで消えていないよね。そこに僕は強く惹かれた。時間が許せば、蠍座行きたいなぁ。
    「アラキ〜」、なんでこんなに上映期間短いんだろうね。金曜日までだよ。動きまくりしゃべりまくる荒木、見ておいて損なし、むしろ必見。急いで!&、感想聞かせてね!
    じゃ、朝までフィル減してまーす。ロンドンのFMをBGMに♪ (→http://www.heart1062.co.uk/)

  3. aonori より:

    こんばんは☆
    アラキメンタリ、明日までですか!?おっと、先月の予定表見てました・・。
    ▼Д▼)行けない模様です・・。ショック。
    「誰も知らない」は、救いがありますよね。
    私自身希望をもらった気がしました。
    一年前の上映では是枝監督のお話も聞けて。
    これに込められた思いを聞いてマジ泣きしてしまいました(゚ーÅ)
    ・・・・・・と、この映画について語ると長いので、やめておきます(笑)。
    またお邪魔しますね
    (今London FM聞いてま〜す♪)

  4. 残念っっ! orz…
    アラーキーってどんなふうに現場で撮ってるのかなぁと、さぞかしデカい声で動き回っているんだろうなぁと思っていたけど、その通りでした。
    キノでのティーチインに行ったんだね。写真と違って、なかなか映画監督の話を直接聞くことってないけれど、きっと是枝監督もあの映画から透けて見える通りの人なんだろうね。ちなみにご存知かと思うけど、あの映画のスチールを撮ったのは、川内倫子さん。作品の持つ空気感を切り取るのにまさにぴったりの人選だよね。
    “Heart”の他にも、”Capital FM”、”Jazz FM”なんかもオススメ。ネットラジオのリンク集もあるよ。(→http://www.mediauk.com/)

  5. 『アラキメンタリ』2005年62本目

    写真はSEXだ。 『アラキメンタリ』
    写真家アラーキーこと荒木経惟のドキュメンタリー。
    監督がアメリカ人なので「アラーキーてのはこう云う人だよ」的な作りになっていて、生い立ちや経歴、今までの作品が紹介されていて「アラーキー入門編」のようでした。
    健太郎は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.