〔today’s sora〕2004/10/14(thu) #1447

0815a083.jpg炭坑があって、終着駅があった街も、いまは小さな山里。
山に囲まれた、歩ききれてしまうぐらいの広さの街を回っているうちに、空が暮れはじめる。
太陽が登ってくるのも沈んでいくのも、山の向こう側。
あっという間に街は昼から夜に向かう。そのあいだ、ほんの一瞬、街全体が燃えるように明るくなる。
風がもう冷たい。晩秋の風の感触だ。それでも、赤い街を小高い丘から見下ろせば、あたたかい。
太陽は、もう遠くの山陰。まだ残る立坑のやぐらが、空に溶けていこうとしている。

10月14日。

<2004/10/14(thu) 16:33:40 @ ikushunbetsu (mikasa,hokkaido)>


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.